お知らせ


2021年10月1日発行

Vol.4「虫歯になったら何で治せばいいの?」

第4巻では、歯科治療の「材料」について取り上げました。

 

歯科治療で使う「材料」は金属アレルギーの回避など予後のQOLに重要な役割を果たしますが、ほとんどの患者様は「自由診療」と「保険診療」における「材料」の違いについてご存知ありません。

 

本巻では「セラミック」を使った自由診療と「銀歯」を使った保険診療を比較し、それぞれのメリットとデメリットを患者様目線から分かりやすく解説。また、「銀歯」「CADCAM」「ジルコニア」「CR」の材料別に口腔内写真や細菌培養試験写真を掲載し、それぞれの特徴を説明しています。

 

患者様が納得して「自由診療」を選択していただけるよう、本巻を使ってお導きいただければ幸いです。



2021年10月1日発行

Vol.3「歯周病って何?」

第3巻では、口腔内の二大疾患の一つ「歯周病」について取り上げています。

 

健康な状態の歯肉と骨の位置に基準線を引き、病気の進行に合わせて歯が動揺していくようすをアニメーションで表現。それぞれのレントゲン写真、口腔内写真と合わせて掲載しました。解説文表示や、線やコメントを書き込める「説明支援機能」も充実。「出血」や「口臭」についても、ステージごとにコメントしています。

 

口臭は患者様に自覚がない場合が多いにも関わらず、医療従事者の口からでも指摘しづらいもの。本巻を使ってお伝えすることで、患者様とのコミュニケーションが円滑に進むことを願っています。

 



2021年10月1日発行

Vol.2「むし歯って何?」

第2巻では、口腔内の二大疾患の一つ「むし歯」について取り上げています。

 

健康な歯がむし歯になっていく過程を、ステージごとにイラスト、レントゲン写真、口腔内写真を切り替えながらご説明いただけます。

 

ページ内のボタンをタップして解説文を表示させたり、線やコメントを書き込んだりできる「説明支援機能」も装備。進行程度によって変化する「痛み」についてもコメントしました。患者様は、痛みが軽いと疾患の程度を軽く考えてしまいがちです。エナメル部分の欠損が小さくても中で大きく広がるむし歯の特性について、患者様にご理解いただく際にお役立てください。

 



2021年10月1日発行

Vol.1「健康な歯ってどうなってるの?」

1巻では、お口の中の「正常解剖」を取り上げています。

 

治療を成功に導くには、患者様に、まず正常な状態を知っていただくのが重要です。

歯と歯肉のイラストは外見図に加えて断面図も掲載し、歯単体のレントゲン写真とパントモも収録。ページ内のボタンをタップして解説文を表示させたり、線やコメントを書き込んだりできるなど、患者様への「説明支援機能」も充実しています。

 

本書後半では「むし歯」と「歯周病」が起きる部位をアニメーションで図示。口の中のバイ菌によって引き起こされる二大疾患について、患者様の理解促進にお役立てください。

※むし歯の詳細は第2巻、歯周病の詳細は第3巻をご覧ください。

 



本アプリに関するお問合せは下記までお願いいたします。

株式会社kiseki

〒260-0012

千葉県千葉市中央区本町3丁目3−3

TEL 043-224-3231

メールアドレス