歯のことをもっと理解してもらえたら治療をすすめやすいのに

歯のことを

もっと理解してもらえたら

治療をすすめやすいのに

患者さまに対してそんなことを思ったことは、ありませんか?

 

マイデンティストは、歯科医が「歯科を教える」のではなく、患者さんの「知りたい」から組み立てた、歯科と患者さまを繋ぐ全く新しいツールです。

 

忙しい先生に代わって、マイデンティストが患者さまの立場から歯科治療の理解へと導きますので、必要なのになかなか伝わらなかった自費治療など、適正な治療方法へのご説明等にお役立てください。


 三木尚子(みきなおこ)

 

歯科医師。医療法人社団プレシャスワン理事長、駿河台・デンタルオフィス院長、日本スウェーデン歯科学会理事、Smile TRU japan株式会社取締役、バイオインテグレーション学会評議委員。

 

一人でも多くの方にご自身の歯を好きになってもらうことで「自らの歯を守り、死ぬまでご自身の歯でお食事ができる」、さらに「多くの全身疾患からも、ご自身の体を守ることができる」を信念として、オーラルケアを通じて人々を幸せと健康に導くことを目標に活動中。オーラルケアグッズの開発も手掛け、「奇跡の歯磨きメソッド」を提唱。

 

 

 はじめまして。歯科医師の三木尚子です。

「歯科治療のビジュアルガイド」シリーズは、歯科医師様や歯科衛生士様などから患者様に、歯科治療についての正しい知識をご説明いただく際に役立つツールです。

 

歯科医療とは、目の前の疾患を治療するのはもちろんのこと、新たな疾患の発病を予防することを含めて提供されるべきではないでしょうか?

それには、われわれ歯科医療従事者の技術だけでなく、患者様が治療内容を理解し、治療と予防に協力してくださることが重要です。

「むし歯の穴は小さかったのに、こんなに削られちゃった!」

「値段の高い自由診療ばかり勧められる」

「いつまで通わなければならないの?」

臨床現場でこうした言葉を耳にするたびに、一生懸命行っている治療の意味が、患者様に正しく伝わっていないのだと痛感します。

 

先進国の中では歯科疾患が多いと言われる日本の現状を改善し、患者様に歯を失わない未来を過ごしていただくためにも、こんな悲しいすれ違いはなくさなければなりません。

 

本シリーズでは、「正常解剖」「むし歯」「歯周病」といった診療テーマで巻を分け、それぞれの疾患治療と予防について視覚的に分かるよう、イラストと写真を多用してポイントを説明しています。

 

イラストは、解剖学的正確性と一般の方々が受け入れやすいテイストを両立。また写真は、疾患のステージごとに口腔内写真、レントゲン写真を収録しました。これらはタップして簡単に切り替えられるので、疾患の経時的な変化、それぞれの治療方法、治療後の注意事項までを一連の流れとして患者様に説明することができます。

 

説明文は歯科学的な正しさに加え、多忙な臨床現場で患者様にタブレットをお渡ししてご自身で読んでいただくことも想定し、平易な文章を心がけました。とりわけ治療方法については、患者様の誤解が多い自費診療と保険診療のメリット・デメリットを比較してあります。10年後、20年後を見越した治療をお勧めすることで、クリニックの自費率向上につながることと思います。

 

本シリーズが、歯科医療従事者と患者様の知識の架け橋になってくれることを願ってやみません。

 


アプリコンテンツが続々リリース!

※アプリ画面は開発中のものです。実際のアプリ画面とは異なる場合があります。

2021年10月1日発行

Vol.1「健康な歯ってどうなってるの?」

 第1巻では、お口の中の「正常解剖」を取り上げています。

 

治療を成功に導くには、患者様に、まず正常な状態を知っていただくのが重要です。

歯と歯肉のイラストは外見図に加えて断面図も掲載し、歯単体のレントゲン写真とパントモも収録。ページ内のボタンをタップして解説文を表示させたり、線やコメントを書き込んだりできるなど、患者様への「説明支援機能」も充実しています。

 

本書後半では「むし歯」と「歯周病」が起きる部位をアニメーションで図示。口の中のバイ菌によって引き起こされる二大疾患について、患者様の理解促進にお役立てください。

※むし歯の詳細は第2巻、歯周病の詳細は第3巻をご覧ください。

 


2021年10月1日発行

Vol.2「むし歯って何?」

第2巻では、口腔内の二大疾患の一つ「むし歯」について取り上げています。

 

健康な歯がむし歯になっていく過程を、ステージごとにイラスト、レントゲン写真、口腔内写真を切り替えながらご説明いただけます。

 

ページ内のボタンをタップして解説文を表示させたり、線やコメントを書き込んだりできる「説明支援機能」も装備。進行程度によって変化する「痛み」についてもコメントしました。患者様は、痛みが軽いと疾患の程度を軽く考えてしまいがちです。エナメル部分の欠損が小さくても中で大きく広がるむし歯の特性について、患者様にご理解いただく際にお役立てください。

 


2021年10月1日発行

Vol.3「歯周病って何?」

第3巻では、口腔内の二大疾患の一つ「歯周病」について取り上げています。

 

健康な状態の歯肉と骨の位置に基準線を引き、病気の進行に合わせて歯が動揺していくようすをアニメーションで表現。それぞれのレントゲン写真、口腔内写真と合わせて掲載しました。解説文表示や、線やコメントを書き込める「説明支援機能」も充実。「出血」や「口臭」についても、ステージごとにコメントしています。

 

口臭は患者様に自覚がない場合が多いにも関わらず、医療従事者の口からでも指摘しづらいもの。本巻を使ってお伝えすることで、患者様とのコミュニケーションが円滑に進むことを願っています。

 


2021年10月1日発行

Vol.4「虫歯になったら何で治せばいいの?」

第4巻では、歯科治療の「材料」について取り上げました。

 

歯科治療で使う「材料」は金属アレルギーの回避など予後のQOLに重要な役割を果たしますが、ほとんどの患者様は「自由診療」と「保険診療」における「材料」の違いについてご存知ありません。

 

本巻では「セラミック」を使った自由診療と「銀歯」を使った保険診療を比較し、それぞれのメリットとデメリットを患者様目線から分かりやすく解説。また、「銀歯」「CADCAM」「ジルコニア」「CR」の材料別に口腔内写真や細菌培養試験写真を掲載し、それぞれの特徴を説明しています。

 

患者様が納得して「自由診療」を選択していただけるよう、本巻を使ってお導きいただければ幸いです。